家具を配置する

家を持っているかどうかを問題にする向きがありました自分の

こういう汎用のスペースの集積ということだと、あとからそれぞれの部屋の機能を考えるということになって結局理想の家造りからはちょっと遠いやり方だという気がします。本来はまず、主体的に、一つ一つの部屋についてのコンセプトがあって、そこから部屋の位置、大きさ、形などを割りだしていくべきなのです。たとえば私の場合、まず広い書斎なり書庫なりというものを造りたいという思いがある。しかもその機能を考えると、壁がいっぱいあったほうが本をたくさん置けるから、開口部の大きな真四角な部屋よりも、壁の多い細長い部屋がいいし、静かな陽の当たらない場所がいいとなると、北向きのしかも1階というのが正解になるかもしれない。出来合いの0LDK式の発想では、その機能による部屋の作り分けということが疎かになってしまいやすいこの考え方からすれば、家を造るときには、まず三尺六尺八畳六畳とかいうようなモジュールに囚われないで、もっと自由に発想したい。

家選びをしてきたからだ
家選びをしてきたからだ
家さんによっては
家さんによっては


工事を決める総会にも

家を買う時に注意が必要なのはすでにそういう住宅もできてきているけれど、たとえばまた廊下なんかでも三尺モジュールではなくて、1メートルモジュールによって設計したほうが、なにかとゆったりして都合がいいということになるかもしれません。既成概念の枠を外すこと、なにしろ、いまの家はツーバイ·フォーなどの工法の発達によって、構造計算も簡単になったし、モジュールからの離脱もさして難しいことではなくなってきています。まず家の単位から始めて、すべて自由に、合目的的に発想しなおしたいというのが、私の一つの提案です。家の中心に厨房をでは、家の中心に、なにがあるべきかたとえば、昔の家の中心は茶の間だった。広さからいうと、八畳ぐらいで、神棚があって、火鉢が置いてあって、いつもお湯が沸いていた。

大手の証券会社だが株と

暮らしやすいシンプルでモダンな和風の良心的にやってくれる「工事店さん」を見つけて、味方につけることが、施主支給の成功のポイントと言えます。でも、困ったことが「1つだけ」あるのです。それは工事店さんは、工務店さんだったり、リフォーム会社、建設会社だったりします。が、実は「施主支給」を嫌がる人たちがたくさんいるのです。嫌われる理由は大きく分けて2つあります。1つ目は、ただ単純に「設備機器」を自社で販売できないので、リフォーム工事全体の利益が減るからです。工事個所を明示した図書や報告写真の整備に思いのほか時間がかかることがあり「儲からない工事」だからやりたくないのです。2つ目は、ほぼ素人であるお施主さんが支給されたものを取り付ける場合、何か問題があった場合に責任が取れないからです。と建前ではいいます。か、大変失礼なお話なのです。が、「やりたくない」という考えがあるからです。ほぼ素人さんを相手に打ち合わせを何度も何度もする印象が施主支給にはあり、「儲からない工事」+「面倒くさい度重なる打ち合わせ」施主支給を言ってくるお施主さんより、工事店に全てお任せしてくれる「利益の取れるお施主さん」の仕事を優先するのは当然の事だと思います。実は、あなたのリフォームを成功へと導く立役者の「工事店さん」に一番嫌われるのが、なんと「施主支給」なのです。

家·使い勝手を重視した

そういうことなら、西洋の家だけを猿まねして、子供部屋だけを造って、子供は一人で寝かせています。など誇らしげに言うのはおかしいと思わざるを得ない。ずっと、子供と一緒に暮らしたいのなら、もっと古来の村落共同体的な育て方があるだろうと言いたくなる。十八歳になっても大人になっても家を出ていかせない。もし勝手に出ていけば家出だなんて騒いだりする。これは、やはりおかしいと思う。


マンション街に到着する

りょうけんいつまでも子供と離れずにいたいなんて、そういう腑抜けた了見だったら、て、是非おやめなさいとアドバイスしておきましょう。子どもを独立的に育てるなん生活のありようには、ちゃんと筋が通ってないといけません。独立志向なら独立を促すように、共同体志向なら共同体的に、筋が通っていないと子どもは困惑してしまいます。このあたりがはっきりしていないから子供は、親がウザイなんて言う。そのウザイ親から逃げるために子供部屋に閉じこもるなんてことになったら、それこそ本末転倒です。間取りと家屋との関係

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近の投稿