人工知能の存在を消し去ろうと考えたとします

技術の進化によって、生きるのを一時停止したり蘇ったり、新しい生き方が可能になると予想されています。
もう一つ、冷凍保存は既にビジネスとしてスタートしています。米国にある人体冷凍保存研究所で100体以上が冷凍保存されています。冷凍と言っても血液循環を止めません。また心臓圧迫や不凍液注入といった医療行為に近い処置がなされています。
人体を仮死状態で休眠させたまま、数十年に亘る宇宙旅行をするSFではおなじみの場面ですが仮死をもたらす技術は近い将来、もっと身近なところに登場するかもしれません。

テクノロジーという雑誌を送ってきてくれた人がいました

研究者たちがいま取り組んでいるのは「生命を一時停止させることで、生命を救う方法」の開発です,たとえ短時間でも失血や虚血による酸素欠乏は死に直結します。重傷者や血管閉塞を起こした患者を酸素消費のない仮死状態に置くことができれば、治療のための「時間稼ぎ」が可能になるのです。また移植用臓器の保存時間を延ばすのにも役立つだろうと考えられています。
アメリカは火星への探査船を打ち上げました。将来、人間を火星に送り込むためには、火星への有人飛行を目指す米航空宇宙局(NASA)の助成を受け、米スペースワークス社が冷凍人間技術の研究を進めているのです。
その理由は宇宙船に載せられる食料、水などの物資には限度がありますし、何より厄介なのが片道だけで半年以上かかる過酷な旅をおこなう搭乗者の健康問題です。

 

人工知能ができるというのも考えすぎである

AIRISERVENOTEと印刷されている人工知能による太陽発電設備

長期間無重力空間で生活していると、人体の骨や筋肉は著しく衰退していくので、それを解決しなければなりません米スペースワークス社が発表した計画では、鼻から冷気を体内に注入し、6時間かけて体温を3·733·9度まで下げる「ライノーチルシステムと呼ばれる方法が検討されています。
このように人の時間を止める方法は色々な方面で研究されています。
さらに低体温症による仮死状態を上手にコントロールすれば、酸素消費や食糧消費を抑え、老化も抑えられるのです。火星ではなくもっと長時間の宇宙旅行では、この技術を発展させ、搭乗者達を人工冬眠させて運航するという計画です。これら「人工冬眠」の研究は、恒星間飛行等、未来の宇宙旅行技術への応用が期待されています-時間子は重力に支配される。

人工知能の明るい部分を見てきました2·時間子は魂意識に支配される時間子は光の大部分を支配する4·時間子は物質を支配する5·時間子にはエネルギーの高い時間、低い時間などの時間エネルギー差が存在する時間をオメガ素粒子理論に適用し、そこから得られた5特性ですが、その2番と4番の二つからでも、前述したような技術が正しい方向性を持つのか否かを理解できるのです。このように、具体的な事例からオメガ素粒子理論を検証するのが本書の目的です。
時間子というテーマだけでも、色々な疑問や適用アイディアが広がっていきます3番の「時間は光の大部分を支配する」
思います。
人工知能の一般的な合理的判断として
人工知能の一般的な合理的判断として

IoTInternetofThings:

ニューラルネットワークなのですですが、これなどはもっと深く検証していくべき法則だとさて、時間と老化は魂意識によってコントロールできることは説明してきました。
体的な事例で説明しましょう。
そこでもっと具例えば「老眼」
です。
この老眼は40歳程度から発生するのですが、とになります。
老眼を進行させているのは私達の魂意識だというこ「そんな馬鹿な、老眼は加齢と供に進行するものだよ」
そんなご意見はもっともですが、実は少々違っているようです。
「老眼だと気付きますと私達は老眼鏡、シニアグラスを購入します。
を加速させるのです。もっと悪いのが環境からの洗脳です。
そのメガネ使用により進行周りの同年齢の人達が「老眼鏡」を使用していますと、その環境に慣れてしまうのです。

コンピュータで3日間かけて学習を行った結果

そして「老眼が進行するのは仕方ない、みんな同じだから」と納得した時に老眼進行を魂が意識し、魂が容認した瞬間に老眼の進行が確定してしまうのです。
これは物質化にも通ずるテーマで、とても大切な課題です。「魂意識」
用例を取り扱いたいのですが、私の他の著書で取り上げていますので、留めます。
に関してはもっともっと応ここでは簡単な事例のみに

タイムトラベルは可能か

NHKの番組でタイムスクープハンターという番組が在ります。ニューラルネットワークモデルの第しない


人工知能による太陽発電設備 人工知能を全く知らない人から 人工知能による太陽発電設備