AIには夢があるのは確かだ

AIそれをどのように解決するのか
AIがdeep-learningを経て意思Jや情緒を獲得したとして

インターネットやGPS全地球測位システムなど革新技術を生み出してきた米国防高等研究計画局DARPAもA1開発を強力に推し進めており、目下ブレーン·イニシアチブを主導する立場にある。背後には軍事兵器にA1を導入しようとする米軍の意向が見える。
その米軍が欲しがった全く新しいタイプのA1が日本にある。東京工業大学発のベンチャーが開発した「SOINNだ。開発を指揮する同大准教授でSOINN社長の長谷川修氏は、ソインを、人工知能でなく「人工脳」と呼んでいる。その理由はソインの革新的なアルゴリズム(計算方法)にあるおさむ現行の特化型A1のアルゴリズムは、処理する課題の「モデル」に応じて人間が細かく設定している。従って、実際の課題がモデルに近ければ高い性能を発揮する一方、状況が変化してモデルとのズレが生じると性能は一気に低下する。

コンピュータを第一世代

例えば、「ボトルの水をグラスに注ぐ」という課題をこなすロボットを想定した時、グラスを紙コップに変えると、人間がロボットの握力を調整しなければ、ロボットは紙コップを握り潰してしまうだろう。
一方、ソインは、紙コップや水を一度も見たことがなくても、自ら見て触ることで概念を学び紙コップを適度な力で握り、水がこぼれないよう運ぶことができる。つまり、ソインはモデルが必要ないだけでなく、課題に変化が生じても学習によって対応できるのだ。さらに、ツインは市販の一般的なノートパソコンで動作可能という驚異的な性能を持つ。

IoTビッグデータから導き出

これを知った米陸軍から「研究支援の申し出があった」(長谷川氏)のも無理はない。
ただ、この話は、に終わる武器輸出三原則に抵触することを懸念した文部科学省から通達があり、不成立2030年代にも人と協業ツインの技術の核心は、「人工細胞」という仮想細胞である。この細胞は「情報」をエサとする細胞の行動範囲内にたくさんの情報が与えられれば増殖し、そうでなければ消滅するよう設計されている。これによって、「識別境界」や「ノイズ余分なデータ」といったデータ処理上の難題を解決できるという。AIlyでカスタマイズサラダを作成します

AIの開発を生業とする私がよく受ける質問である私の答えはこうだ

識別境界とは、端的に言えば同種類データの塊の間を線で区切った境界だ。これよりデータの分類が可能になる。ところが、そこに新たなデータを加えようとすると、従来は一から線を引き直す必要があった。これでは、例えば新商品分析など新情報が次々と加わる作業では効率が上がらない。
この点、ソイソは新たな情報が加わると、人工細胞が直接捉えて増殖するので、識別境界を必要としない。

人工知能にも食べ物の情報も入手可能です
AI技術開発の専門家らとパネルを組んでのタイムリーな企画だ

AI時代を生き抜くことができます

ロボットが登場する可能性があるまた、時たま発生するノイズも、エサである情報が足りなければ細胞が消滅する仕組みで取り除ける。
これがソインの名前の由来でもある「Self-OrganizingIncrNetwork自己増殖型ニューラルネット
というA1のentalNeural新技術だ。
ソインは未知の領域での活動を想定する汎用A1に最適と言えるすでに、複数の企業とのプロジェクトが分野横断的に水面下で進んでおり、年にも明らかになるだろう。
その内容は2015長谷川氏は、「早ければ30年代にも、人と高度なAIを積んだロボットが一緒に働く世界が来る」
と予想する。世界初の汎用?

AIと人間翻訳の関わりを腑分けする過程

が日本から出てくる可能性は大いにあると会話する医師(日本BwattA1活用の最前線医療、介護、法律業界ビジネスを変える先駆者たちワトソン医療1BM「Watson」
医師との会話で病名を学習難解な文献も読みこなす米IBMのコンピューターシステム「Watsonが、米国ワトソンの医療ビジネスの現場で活用されている。
ワトソンはもともと、1997年にチェスの世界王者を破った同社のA-「ディープブルー」に続き、米国のクイズ番組「ジョパディー」で人間と対戦するため2009年に開発されたA1だ。


AIlyでカスタマイズサラダを作成します IoTが活発になったともいえます IoTが活発になったともいえます