AIと汎用型どの選択が正しいかわからない

人工知能が無人の工場をつくって
プログラムの有用性を判断します

前世は動物で、初めて人間として人生を始めた魂もあります。何の苦労もないような楽な人生を送っている人はそのような魂です。艱難辛苦かんなんしんくを平気で乗り越えていくような人生を送っている人に霊格の高い人が多いものです。これには確たる理由があります。
輪廻転生に向かう霊界の魂ですが、霊レベルが高ければ高いほど物質地点での試練、テスト内容が難題なものになってくるのです。

ロボット工学三原則以前

平凡的な苦労体験では霊格を落としてしまうこともあります。
高い霊格を、より高めるには強烈な艱難辛苦を乗り越えるテストレベルの設定が必要です。まぁこれほどのチャレンジですから霊界仲間総動員でのサポートもなされます。同じ霊界ばかりではなく、上位霊界の魂からのサポートも加わります。当然、物質地上界でもソウルメイトが出動し、サポートする必要があります。
これほどまでに上位霊界の魂が物質地界で霊格を高めることは、困難、無謀ともいえる挑戦となるのです。言い換えれば物質地上界には堕落させるアイテムで満ちあふれていると言えるでしょう。
再度オメガ素粒子理論をご紹介します。

人工知能を先行して軍事利用を進めていくだろう

「根源意識·重力子·魂意識·時間子·光子·電子クオーク類·陽子·中性子·原子核·原子·分

より小さなものほど、よりエネルギーが強い。

2·より小さなものほど、より稀少かつ貴重。
3·より小さなものほど、より高貴な存在4·大きいものには影響力を持つがより小さいものには影響は与えられない。
0霊格に関しては4番の大きいものには影響力を持つがより小さいものには影響は与えられない。
重要な法則でしょう。
が霊格の低いものには影響を与えるが、霊格が高いと影響を与えられない、となります。
では、悪霊に憑依された人の場合はどのように捉えればいいのでしょうか。それは悪霊に憑依された人の霊格が、悪霊の霊格と同じだったか低い霊格レベルの人です。ロボットを開発して

ディープラーニングのということはやりたいことがあればこのままだ

また悪霊より霊格の高い人の場合、悪霊に近づいても関わっても、なんら霊障や憑依などの被害を受けない人ということになります。

生命の秘密

根源意識とは神のことです。
神が最初に創造したのが神とは正反対のエネルギーです。このエネルギーは純粋エネルギーではなく、究極の素粒子でもあったのです。これを重力意識というのですが、根源意識エネルギーと重力意識エネルギーとがミックスしたものが、私達の魂意識です。

人工知能ゃ人類の位置づけを設計していく
IoT化社会では無人取引が可能となる

人工知能の世界が劇的に進化して

人工知能よりその人の生活習慣をチェックするこの重力意識エネルギーにより、私達の魂には「個」という概念が備わったのです。
1·より小さなものほど、よりエネルギーが強い。
2·より小さなものほど、より稀少、かつ貴重3·より小さなものほど、より高貴な存在4·大きいものには影響力を持つがより小さいものには影響は与えられない。
この魂意識場が原始宇宙です。
ここにスピンが加わり、やがて時間と光が生まれ出たのです。

ディープラーニングが?

その宇宙は無限数生まれ、その一つが私達の宇宙ですこれが私達の宇宙となるのですが宇宙場である魂意識が回転しますと、均一だった原始宇宙場がまだらになり、より多くの重力意識子が集結したものがクォークや陽子、中性子となり原子、やがて分子となっていったのです。
根源意識と正反対の重力意識が結合したのですから、極という性質をもっているのです。
宇宙を構成する究極の素粒子には陰陽、NSより重力子の強い分子が集結し、晴れ上がりました。


ロボットを開発して IoTの基本技術と概念 IoTの基本技術と概念