人工知能の研究において

しかしそれはたった一つの答えに行き着くのではないでしょう。人の数だけの固定的でない定義が許容され、それらが議会でもトークショーでもすべての人間の最大の中心的な関心事としてさまざまな形で論議されていくのではないでしょうか。現在はそうした希望を持って、テクニウムの次の姿をまた考察しており、来年にはこの本をさらにパワーアップした『解き放たれたテクニウム』という本を出そうと考えているので注目してください。
AIの目的から言えば世間のフタを開けてみる

時間の謎

オメガ素粒子理論から時間の位置を見てみましょう。
「根源意識·重力子·魂意識·時間子·光子·電子クオーク類·陽子·中性子·原子核·原子·分時間は重力子·魂意識に影響や支配を受ける配列に在ります。ところが光子からは、ほとんど影響を受けません。このオメガ素粒子理論で時間と光子のみ、両者が一部オーバラップしているので特殊な関係と言えます。

人工知能に置き換わることはまずありません

  • AIの苦手とする常識的知識の問題を回避
  • AIのモデルですが繰り返しになります
  • 人工知能に勝てなくなったと感じた


AIだ作った本人がそれを使うかどうかは全く別問題


AIはプレイヤーと一緒に行動したり

それが、4.大きいものには影響力を持つがより小さいものには影響は与えられないという法則です。
そこで時間子の性質はこのようななります。
1·時間子は重力に支配される2·時間子は魂意識に支配される。
時間子は光を大部分を支配する4·時間子は物質を支配する5·時間子にはエネルギ-6高い時間、低い時間など時間エネルギー差が存在する時間子というものをオメガ素粒子理論の配列位置から考えますと、このように5つの特性があるのです。
RPAの活用事例

IoT従来それによって計算速度が飛躍的に向上するからだ

この特性を、私達の生活へ応用出来るものがないか、探してみましょう。
見つかりました。2番の「時間は魂意識に支配される」
です。
2番以外の特性は専門家には有益なのかも知れませんが、普通の私達の生活ではピンときません。
さて、2番の「時間は魂意識に支配される」ですが、もう少し具体的に考察してみましょう。
魂が時間を支配しているのですから、魂が意識すれば時間を自由にコントロールできるのです。
意識さえすれば、時間を消すことも、長くしたり短くしたりすることも魂意識には可能となりますまた、魂意識が存在しなければ、時間も存在できないとなります。
では、本当にそのような事例が存在するのでしょうか。


コンピュータ理論QuantumAnne

人工知能ざっと考えてみるとこう解釈できるかもしれません

発熱や傷害により生死の境をさまよい10日間昏睡状態だった人が目覚め「とても10日も眠っていたとは信じられない」という場合があります。植物人間として5年間病棟で管理され奇跡的に意識が回復した人にとって、植物人間だった5年間は存在しない時間であり、とても信じられない時間の経過でしょう。
では3時間は物質を支配する」との法則は、この事例に適用できるのでしょうか。適用可能とすれば、10日間昏睡状態だった人は、10日間肉体の老化が無かったことになります。
人工知能AGIArtifici


AIというのはなかなか難しいところがあります

5年間植物人間だった人は、5年間もの老化進行は停止していたのでしょうか。
この疑問の解決糸口が仮死保存人間です。
現在の医療技術では解決できない難病を未来の医療技術に託して、その未来まで仮死状態で眠っておればよい、という考えです。米国では「冷凍」ではなく、摂氏10度程度の「冷却」によって人間を仮死状態にする実験が始まっています。